らしくなくても

まさか、君のことを綴る日が来るなんて。

あの日から今日まで、私は一体どのように過ごしてきたか殆ど記憶がない。

 

君はスポーツ万能で、リレーのアンカーを務めるような人。

男女問わずに人気があり、学級委員や班長に選ばれるような人。

思い遣りがあり、行き届く気配りで、救われた人は多かっただろう。

 

あの日だって、人を助けた後に自身が巻き込まれたと聞く。

あまりに君らしくて、誰もがそう言って、納得しようとしている。

 

でも、

「らしくなくても、生きていてほしかった」

「君のお陰で助かった人と共に、君にも生きていてほしかった」

 

1人の時は、慟哭という言葉がぴったりだと思うほど号泣した。

夜中は周りに気付かれないように、むせび泣いた。

きっと、私以外の仲間たちも同じだろう。

しかしそれは、人知れず。

どこから誰が傷付けてくるか、分からないからね。

 

報道で公表された日の朝、夢に出てきてくれたね。

君は昔のような短髪だったし、君も私も今よりも少し、若かったよ。

爽やかで、ユーモアがあって、そこは昔も今も変わらないよ。

きっとこの先もずっと、君は変わらないだろう。

 

思い出話をするほど、まだ過去のことにはできない。

前向きにもなれない、乗り越えることもできない。

 

君なら「それでいい」と言ってくれるだろう。

 

また会える日を思いながら、仲間も私も、今を生きていくよ。